出会い系でのセフレの作り方【会った後はどうすればいいのか】

出会い系がキッカケで仲良くなった場合、ハッキリ言って最終的にはほぼすぐにヤレます。
まあそれも当然と言えば当然かもしれません。

 

やはり出会い系やセフレ掲示板といった「男女の出会いの場」を利用している以上、女性側も少なからず身体の関係を意識しているでしょうからね…笑
また、「セフレが欲しい」という、明確な目的のもとで使っているケースも多いので、そういう女性を狙えばより一層即ハメ率は高まります。

 

もちろん中には「すぐに!っていうのはチョット抵抗が…」という女性もいるかもしれません。
が、サイトである程度仲良くなって、実際に会ってしまえばこっちのものです。

たとえ女性側が「今日は会うだけ」と思っていても、良い雰囲気に持ち込むことができれば、その場の流れやノリ的な感じで案外すぐにヤレたりします。笑

 

サイトを飛び出し、実際に会ったら、具体的にどんな流れを作れば良いのか?
今回はその辺りについてをご紹介します!

 

食事の後はホテルで決まり!酒の力も借りたいところ

実にわかりやすいハッキリとしたプランですね。
これが「真剣な恋人探し」等だったら、もう少し凝ったデートプランになるところなんでしょうが…
食べたらヤル、という、清々しいくらい欲求そのままの本能的な流れです。笑
しかしセフレGETが目的な場合、むしろこのくらいわかりやすい方が良いとも言えます。

 

とはいえもちろん、ただ淡々と食事を済ませて即ホテル直行、ってのはダメですよ。笑
相手が「この人とならヤッても良いな」と思える、そんな楽しい雰囲気を作りましょう。

 

会話なんてなんでも良いんです。
お互いの仕事のこと、プライベートのこと、好きなもの、最近あった出来事等々…
友人や知人と話すような感覚で、気楽に楽しく話せばOKです。
ただ、自分語りが多くなるとあまり良い印象を与えないので、その辺はくれぐれもご注意を。

こちらから話題を振ってみて、相手の女性がノリ気になって話し出したら、聞き役に回る。
こんな感じのバランスで会話ができると理想的ですね!
会話の中で多少「え?」と思うことがあっても、「これもセフレを作るため」と考えるようにすれば、我慢もできます。笑

 

また、お互いに飲めるクチなら、食事と一緒にお酒を飲むのもオススメです。
ほどよく酔っ払うとリラックスモードになるので、2人の間に流れる空気もより和やかになるでしょう。
酔った勢いでヤッてしまった、というのはよくある話です。
美味しい食事とお酒で和気あいあいと過ごせば、その後のホテルも案外ちょろいものですよ。

 

エロ系の話も織り交ぜられるとGood

女性側が楽しい気持ちになれれば、話題はなんでもOKですが、やはりできれば下ネタ系も挟んでおきたいところですね。

ただこの場合、会っていきなり下ネタトークを繰り出すのは止めておいた方が無難です。
例えば会う前のやりとりで、すでにエロ系の話をしているのであれば、いきなり繰り出すのもアリかと思います。
が、そうでない場合、まずは普通の話をするのがオススメです。そして徐々にエロ系を挟み込んでいくのです!

 

エロい話題で盛り上がれば、食事後のホテル…という流れも、よりスムーズに展開できることでしょう。
下ネタ系のトークは笑いも取りやすいですから、なおさらオススメです。

もしエロ系に踏み込むのが難しそうであれば、軽い恋愛話も良いかもしれませんね。

とにかく何かしらの色っぽい話題を出すことは大切です。笑

 

さりげないボディタッチもお忘れなく

肌と肌が触れ合えば、やはりドキッとするもの。
まあセフレになれば、触れ合うどころか重ね合わせることになるんですけどね。笑

 

唐突だったりあからさまだったり、あまりにも不自然過ぎるボディタッチはもちろんアウトです。
まだセフレにもなってない段階でこんなことをするのはマズいです。暴走し過ぎです。笑
恐らく相手の女性も「いきなり何?」といった感じで不快になるでしょう。

ただ、「さりげなく」を意識すれば、むしろボディタッチは有効な手段と言えます。

 

例えば昔からよく使われているであろう、めちゃくちゃベタな方法としては、やはり「手相見てあげるよ」でしょうか。
確かにこれだと自然に相手の手を触ることができますからねー。多くの人が使うのも納得です。笑
「この線って何の線だったっけ?」等、新たな話題を生み出すこともできるので一石二鳥!

 

しかし「手相じゃあまりにもベタすぎる」「ちょっと見え見えな感じじゃないか?」と思う人もいるでしょう。
そこでオススメなのが、相手の手に何かしらのコメントをつけることです。
もちろんコメントの方向性は「褒める」で!笑

「白くてツルツルの手だな~」「細くて綺麗な指だね」「その指輪センス良いね」等々。
とにかくまずは相手の手に話題を持っていくことです。
そうすれば自然な流れで「どれどれ、ちょっともう少しよく見せて。笑」という感じで、さりげなく手に触れられます。

あとはいっそのこと「綺麗な手だから触りたい!笑」と、潔く爽やかにユーモア溢れる感じで申告するのも、ひとつかもしれません。笑

 

いずれにしろ、ナチュラルなスキンシップは、2人の距離が更に縮まるのでオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です